スカムのアップデート(パッチ0.70150.51022)情報が出ています。

steamの公式ニュース(英語)はこちらから確認できます。

 

お得意の超意訳による、概訳です。

キノコによる中毒システムの追加

・ベニテングダケ属と、シロシベ・キネアセンス(シビレタケ科の幻覚作用を持つキノコ。俗にいうマジックマッシュルーム)をリモデル。
・キノコに実在するさまざまな毒素とそれによる中毒作用の追加。

・毒の詳細

α-アマニチン

  テングダケ属に含まれる毒素。毒素レベルが最大量の5%に達すると中毒が発症。

  • タマゴテングタケ(Amanita Phalloides)- 毒素が最も多く、1本で致死量。
  • ドクツルタケ(Amanita Virosa)- タマゴテングタケよりは毒性が弱いが、1本で瀕死に。
  • ベニテングタケ(Amanita Muscaria)- 3本で致死量。
  • テングタケ(Amanita Pantherina)- 5本で致死量。

 中毒による症状。

  • レベル1:
     疲労 - 上限50%
     弱体化 - 上限50%
  • レベル2:
     かすみ目(視覚にエフェクトがかかり遠くが見えなくなる)
     下痢(漏らします)
  • レベル3:
     HPダメージ、致死量に達すると死亡。
ムシモール

  テングダケ属に含まれる毒素。毒素レベルが最大量の5%に達すると中毒が発症。

  • ベニテングダケ - 6本で致死量。
  • テングダケ - 8本で致死量。

 中毒による症状。

  • レベル1:
     幻覚 - 重症度3段階すべてで発現、重症度に比例して強度が増す。
  • レベル2:
     複視
     見当識障害
  • レベル3:
     HPダメージ、致死量に達すると死亡。
イボテン酸

  テングダケ属に含まれる非致死性物質。毒素レベルが最大量の5%に達すると中毒が発症。

  • ベニテングダケ - 7本で毒素量が最大に達します。
  • テングダケ - 8本で毒素量が最大に達します。

 中毒による症状。

  • レベル1:(他の毒素と違い症状は1段階のみ)
     弱体化 - 上限50%。  かすみ目 - (視覚にエフェクトがかかり遠くが見えなくなる)

 

覚醒したいと考えているすべてのサイコノーツのために。

サイロシビン(シロシビン)

  シロシベ・キネアセンス(Psilocybe Cyanescens)に含まれる精神活性物質。毒素レベルが最大量の10%に達すると中毒が発症。
  シロシベ・キネアセンス(Psilocybe Cyanescens)のみに含まれます。非常に強力で一回の摂取であなたの「旅」が始まります。

 中毒による症状。

  • レベル1:
     幻覚
     倦怠感
  • レベル2:
     複視
     かすみ目
  • レベル3:
     見当識障害 - 上限50%

 中毒による効果を見た時の驚きも経験の一部なので、幻覚についての詳細は省きますが、友人と一緒に体験することをお勧めします。ご感想をお待ちしております。

 

毒への対処法

 活性炭
 活性炭を使用すると、効果が持続している間、代謝による毒性成分の排出量が増加します。現時点で一錠で約四分間持続します。効率を最大化するために定期的に服用しましょう。
 活性炭は、抗生物質や鎮痛剤の効果を弱めることはありません。

 嘔吐  キノコなどの毒物を摂取したとき、嘔吐によって胃の中を空にすることができます。
 毒物を摂取した後、できる限り早く吐き出すようにしてください。
 嘔吐によって胃の中に他の栄養素(食物)や薬剤(鎮痛剤・抗生物質・活性炭)があればそれも吐き出されることに注意してください。  嘔吐によって胃の中の薬剤が吐き出された場合、その効果は減少します。

 

アウトポスト飛行場

アウトポストに飛行機のための駐機スペースが追加されました。
注意点として、滑走路が短いため、進入速度が速いとオーバーシュートする可能性があります。

 

代謝調整

異なる食品から同じ栄養素を並行して消化するようになります。 以前は消化中の食物があれば、それが消化されるまで次の食物は全く消化されませんでしたが、新しいシステムでは、消化中の食品は全力で栄養素を吸収し、次の食物は栄養素を20%の割合で吸収します。
消化中の食物が完全に消化されると、次の食物は全力で栄養素を吸収し始めます。

 

目新しい(重要そうな)内容は以上です。

Bug Fix や 改善点に関しては本家のニュースをご確認ください。

ツイート いいんじゃね。と感じたらツイートしてもらえると喜びます。

Next Post Previous Post