皆様いかがおすごしでしょうか。歌乃です。

最近またUEを触り始めましたが、色々変わっていて正直手探り状態です(´・ω・`)

前回(UE5 に VRoid Studio で作ったキャラを取り込んでみる)からの続きです。

以下のような読者を対象にしてます。

  • UEの基本操作がわかり、BluePrintで簡単な処理を作れる。またはBPのサンプルを触ったことがある。
  • スケルトンやボーン、リグ、メッシュなど3Dアニメーションに関わる用語や仕組みがある程度わかる。
  • Blenderの基本操作がわかり、タイムラインでアニメーションを編集できる。

前回、無事VRMファイルの取り込みに成功し、リターゲットによってMannequin用のアニメーションをVRMスケルトンに変換しました。

その後、キャラクターBPを編集してABPとSkeletalMeshを差し替えて、サンプルプロジェクトでVRMが表示されるところまで出来ました。

続きを読む… 1 minute, 17 seconds

皆さま、ごきげんよう。歌乃です。

通常のモデリングでは作業効率やテクスチャーの解像度などを考えてUVマップを複数に分けることが多いと思います。

単純な形状のモデルや、できる限り軽量(ローポリ)化をするのであればUVを一つしか使わない(使えない)という状況もあります。

SecondLifeなども、モデルのインポート時にいろいろな制限があり、複数のUVマップだと思ったような結果にならない場合があります。

単体のオブジェクトモデルで複数のUVマップを使用していて、何らかの理由により、UVマップを統合(ひとつのにまとめてUVマップ空間にUVマップを重ねたい)場合の手順を解説します。
検索してもあまりヒットしないのでかなり需要が低いのような気がしますが、個人的にはよく遭遇する状況なんですよね(´・ω・`)

Blenderのマーケットには複数のUVマップを一つにしてしまうプラグインもありますが、手間をいとわなければ手作業でもできます。

続きを読む… 1 minute, 6 seconds

皆さま、ごきげんよう。歌乃です。

ハロウィンの仮装用にジャック・オー・ランタンの作成継続中。

基本的なリグの設定(ボーン設定)が完了したので、テストグリッドにアップして確認してみました。

続きを読む… 0 minutes, 51 seconds

皆さま、ごきげんよう。歌乃です。

ハロウィンの仮装用にジャック・オー・ランタンの作成に挑戦中。

といっても SecondLife のメッシュアバターの話です。

続きを読む… 0 minutes, 12 seconds

前回に引き続き SL Bone group Generator plugin の実際の使い方に関して。

前回はオブジェクトをボーンに合わせて変形させていましたが、今回はボーンの方をオブジェクトに合わせてみます。

どちらかと言うとこちらのほうが本来の手順なのかもしれません。

続きを読む… 1 minute, 40 seconds

SL Bone group Generator plugin の実際の使い方に関して。

公式WIKIからcolladaファイルを落としてきます。
どれでもいけるはずですが、とりあえず「human female」を使ってみます。
リグが壊れているとのコメントがついてますが、気にしなくてOK

続きを読む… 1 minute, 49 seconds

aveter_skeleton.xml からボーンを生成するBlender プラグインを作りました。

MnM Design で活動報告していたアバター作成の過程で必要になったので。
自分用に新しいアバターを作成中

はじめ手作業でボーンの調整をおこなっていたのですが、公式サイトに置いてあるファイルが微妙なので、うまくいきません。
あと、手作業だと時間がかかりすぎて量産がキビしそうな気がしたことと、正確なボーンが欲しかったこともあって、スクリプトで自動化してみました。

さっそくバグ発生orz XMLファイルの読み込み先をテスト環境にしたままリリースしてしまいました;; 修正バージョンをリリースしているのでgithubから再DLしてください。

続きを読む… 0 minutes, 64 seconds

前回の投稿「庭園の整備」で、SecondLife内で庭園を整備(デコレーション)していると書きましたが、その中で庭園に飾るための岩オブジェクトはBlenderで作成しています。

3Dモデリングはある程度手順が確立されていますが、それだけにクリエーターの創意工夫で差がつきます。

岩や石のようなオブジェクトは形状が単純なだけに差がつきにくく、それだけに奥が深いです。
複雑な形状の岩や石のオブジェクトを作品のために作る場合もありますが、ここではゲーム用途でのオブジェクトを前提に考えています。

続きを読む… 0 minutes, 34 seconds

Blender って知ってますか?

OSS(Open source software)の3D IDE(統合開発環境)です。

もっとわかりやすく言うと
「誰でも使えて、3Dでいろんなことができる(つくれる)ソフトウェア」です。

続きを読む… 0 minutes, 3 seconds