皆様、いかがお過ごしでしょうか? 歌乃です。

以前に公開していた Second Life の aveter_skeleton.xml からボーンを生成するBlender プラグインを 4.0に対応させました。




githubで公開しているので、使ってみたい方はそちらからDL可能です。
blenderは最新版(4.0.2)で試しました。たぶん4.0.0以上で動作するはずです。

mnmSLBoneGenerator

 

Githubからzipファイルを落としてください。
Zipファイルは解凍せずそのままにしてください。
ファイル名はたぶん「mnmSLBoneGenerator-master.zip」です。

zipファイルを落として

 

プリファレンス(preferense)メニューのアドオン(add-ons)からインストールをクリックして、ダウンロードしたzipファイルを選択します。

インストール



プラグインを有効にすると、3DView 画面の Toolshelf に MnMSLbg タグが追加表示されます。

MnMSLbg タグ

そのままだと aveter_skeleton.xml が見つからないという表示が出て使用できません。

セカンドライフの公式クライアントのフォルダーから aveter_skeleton.xml を、プラグインフォルダーにコピーします。

aveter_skeleton.xml は公式クライアントインストールフォルダ配下の \character あたりにあります。



Blenderのプラグインフォルダーは
C:\Users[ユーザー名]\AppData\Roaming\Blender Foundation\Blender\4.0\scripts\addons\mnmSLBoneGenerator-master あたりにあります。

xmlファイルが認識されれば「SL bone generator」が使用可能になります。

「SL bones group generator」が使用可能

 

生成されるボーンデータは、Base、Extended、Collision Volume があり、それぞれBone collectionに設定されます。

Base bone グループは青、
Extended bone グループは緑、
Collision Volume グループは赤色に
設定されています。

bone collection



Bone collection は アーマチュアのデータプロパティパネルから表示・非表示が切り替えられます。 アドオンの初期状態ではBase bone collection のみ表示状態なので、ExtendedやCollisionは適宜表示を切り替えてください。

表示・非表示



 

ツイート いいんじゃね。と感じたらツイートしてもらえると喜びます。

タイーツ タイーツもできます。

Previous Post